おすすめのわきがデオドラントの選び方

わきがに効くデオドラントを選ぶ時のポイントは?

デオドラントにはクリーム・ジェル、ロールオン、パウダースプレー、シートなど様々なタイプのデオドラントがあります。どれも臭いを消してくれると思うかもしれませんがニオイをどのようにして消したり、抑えるのかっていうのはデオドラントによって全く違います。

 

わきが対策にデオドラントを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

 

わきがに効く!おすすめのデオドラントランキングはこちら

わきがに効くニオイへのアプローチの仕方

わきがの嫌な臭いというのはアポクリン汗腺から出てくる皮脂やタンパク質など、いろんな物質が混ざった汗を雑菌が繁殖するために分解することで発生します。

 

このプロセスの中で、デオドラントの消臭、殺菌、制汗の3つの作用がわきがの臭いを消臭、予防してくれているんです。

 

消臭

作用の仕方はいろいろありますが、化学消臭法と呼ばれる悪臭成分を化学反応によって臭いのない成分に中和してくれます。デオドラントの有効成分としては茶カテキンや柿タンニン(パンシル)のようなポリフェノールなどが有名ですね。

 

殺菌

殺菌作用はそのままわきがの原因になる菌を分解することで臭いが発生してくるのを防ぎます。
有効成分としてはサリチル酸ナトリウム、イソプロピルメチルフェノールや銀(Ag)、塩化ベンザルコニウム、 トリクロサンなどがあります。

 

制汗

わきがはアポクリン汗腺から出てくる汗が一つの原因となって臭いが発生します。汗が出てこなければ雑菌に分解されることもなく、臭いがしてくることはありません。汗の中に含まれるタンパク質と凝固物をつくって汗腺にふたをして汗が外に出てこさせないことで臭いが発生するのを予防します。収れん剤としては塩化アルミニウム、酸化亜鉛やミョウバンなんかがあります。

 

制汗作用というわけではありませんが、汗が出てこないようにするためには保湿も大切です。というのはパウダータイプやシートタイプのデオドラントはさっぱりさせようとしてひんやりするタイプのものがありますよね。こういうタイプのものは使用感を重視するばかりに肌に最低限必要な皮脂や水分も奪ってしまい肌が乾燥してしまいます。皮膚は肌はを守ろうとして余計に汗、皮脂を分泌するようになります。

 

保湿成分が含まれているデオドラントを選ぶと余計な汗と皮脂の分泌を抑え効果的にわきがを消臭することができます。

 

芳香

デオドラントの中には芳香成分(香料)が含まれていて、臭いを香料でごまかすといったものもあります。

 

体臭の強い人が多い外国ではニオイがキツめの香水を使っている方もいますし、女性の方で生理の時にデリケートゾーンの臭いが気になるので、香水を使ったり香りつきのデオドラントでケアするといった方もいるようです。

 

わきがの場合ではわきが臭に香料がそのままプラスされて余計に臭いが目立ってつらいといったこともあります。香料が多いデオドラントはわきが用のデオドラントとしてはあまり効果的とは言えません。デオドラントを選ぶ際は香料が入っているものではなく無香料のものを選ぶといいでしょう。

 

 

わきが用デオドラントを選ぶ際には忘れてはいけない使用感!

デオドラントを選ぶ際には効果だけでなく、使用感にもこだわりを持って自分で使っていて納得のいくデオドラントを使ってほしいです。クリーム、ジェル、ロールオン、パウダースプレー、シートなどいろいろなタイプのデオドラントがありますが、中でも使用感が一番良いのはクリームタイプです。

 

クリームタイプに近いジェルタイプのデオドラントは汗で流されてしまって時間がたつと臭いがしてくるといったことがありました。汗をかいても流されることもないし、効果が持続してくれるので直塗りのクリームタイプがおススメです。

 

ロールオンタイプとの比較ですが使用感は脇に直接つけるのが衛生的でないかなと頭の片隅に思うくらいであまり差を感じませんが、残りが少なくなってきた時に最後まで使いやすいのはクリームタイプでした。わきが用のデオドラントは物によっては安いとは言えないものもあるので、チューブタイプのように最後まで使い切れるものを使いたいですね。

 

そしてクリームタイプの中でもよく伸びて白残りしない、毎日使うものなので、刺激の強い成分が少なくて肌荒れを気にせず使えるかどうか確かめてから選ぶと失敗することなくわきがをケアできると思います。

 

制汗作用の強いものは刺激が強く、胸やデリケートゾーンなどいろんな場所に使うのは避けたいところです。できるだけそういったところには保湿成分が入っているデオドラント無添加処方のデオドラントなら使用感を損ねず快適に全身のわきがをケアすることができます。

 

ズバリ!わきがに効くデオドラントを選ぶなら?

わきがケアにおススメのデオドラントはクリームタイプで消臭、殺菌効果が保証されている医薬部外品のデオドラントを選ぶと失敗せずにわきがをケアすることができるのではないでしょうか。

 

このサイトでおススメしているわきが用デオドラントクリームはノアンデです。
消臭、殺菌、制汗のバランスの取れたデオドラントなのに肌荒れの原因になりやすい成分を使わず、天然由来の成分を使っているので肌トラブルを気にすることなく使うことができ、デリケートゾーンのわきがや思春期の子供にも使えます。

 

わきが以外に脇汗がひどいんだけど制汗作用が強いデオドラントは良くないの?

中には脇汗がすごくて、わきがと一緒に汗も抑えたくて制汗作用が強いデオドラントを使いたいと思っている方もいると思います。

 

制汗作用が強いタイプのものは成分の都合上かゆみが生じやすく、人によっては汗が出なくなるけど刺激が強いためにかゆみを我慢しないといけないことがあるんです。

 

私の場合は制汗作用が強い塩化アルミニウムが含まれているタイプはちょっと刺激が強かったみたいです。そのため制汗作用の強いデオドラントはすそわきがなどのデリケートな所のケアに使うのは不安が残ってしまいます。。制汗作用の強いものは人によって相性があるんですね。

 

脇汗をなんとかしたい、脇のわきがと考えている方にはデトランスαというデオドラントを一度試してみるといいですよ。

 

わきがに効く!おすすめのデオドラントランキングはこちら

 

あなたも知っているかと思いますが、デオドラントとつけば何でもわきがに効果があるわけではありません。実際に市販のデオドラントを使っても効果を感じることができなかったり、すぐにまた臭い出してきて臭いがばれていないのかと周りの目が気になりだしてしまいます。デオドラントを選ぶ際には消臭、制汗、殺菌の三つの効果があるものを選びましょう。けれどどれが有効成分なのかわからないし、どれがどの効果を持つのか調べるのも時間がかかってしまってどうやってデオドラントを選べばいいのかわからないと思います。デオドラントを選ぶのが難しいと思う方は医薬部外品のデオドラントを選ぶようにしましょう。医薬部外品のものはデオドラントの中でもわきがに効果があると認められているものです。後は自分の肌の強さやわきがの症状の度合いに合わせて適切なものを選んでいきましょう。