わきが 程度 診断

わきがの程度を自己診断してみよう

 

まずは次の項目を読んで自分のわきががどんなものか自己診断してみましょう。

 

耳垢が柔らかい

わきが体質を診断する際に一番参考になる情報が耳垢が柔らかいかどうかです。アポクリン腺は必ず毛根のところにあるので耳の外耳道にある毛が多いかどうかもチェックしておきましょう。

 

耳垢が飴のよう、キャラメルが溶けたような状態の人はわきがの可能性が高いです。毛が多い場合はわきがの程度が強い傾向にあります。

 

下着の脇の部分に黄ばみができる

何度も着用している下着の脇に黄ばみができるかどうかもわきがをを見分ける重要な自己診断の材料になります。

 

わきがの原因であるアポクリン腺からは黄ばみの原因になる色素の「リポフスチン」や鉄分が分泌されます。

 

黄ばみの原因になるリポフスチンや鉄分はわきがの程度が強いほど分泌が多くなるので黄ばみも黒っぽくなる傾向があります。

 

わきが体質の人の脇の黄ばみの色は主に黄色〜茶褐色の色の人が多くなります。

 

中でも黄ばみの程度が強い茶褐色の人は中度から重度のわきがである傾向にあります。

 

デオドラントで「Ag+」を使用している場合は制汗剤が原因で黄ばみができる場合があります。使っている場合は使用をやめてみて脇が黄ばむかもチェックしてみましょう。

 

脇毛が多い

わきがの原因となるアポクリン汗腺は毛根と一緒に存在しています。

 

だから脇毛が濃くて多い人はアポクリン腺が多く、わきが体質が強い可能性が高くなります。

 

わきがである場合の脇毛の傾向は男女で違う場合があります。

 

男性でわきが臭が強い人の傾向は毛が柔らかくて細く、猫の毛をしています。

 

女性の場合は毛が太くて、一本の毛穴から2本の毛が生えているかどうかがチェックの対象になります。毛が太くて、一本の毛穴から二本の毛が生えている場合もわきが臭が強くなる可能性が高くなります。

 

強いわきが体質の人は脇毛に白い結晶というか白い粉のようなものが付着している場合があるので、私のことかもと思った人はわきが体質っである可能性が高いでしょう。

 

遺伝

わきがは優性遺伝なので、親がわきが体質である場合、5割以上の確率でわきがが遺伝するといわれています。
両親がわきが体質の場合には8割の確率でわきが体質になるといわれています。

 

両親がわきが体質だったり、耳垢が柔らかかったらわきがである可能性があります。

 

脇汗が多い

脇汗が多い人、汗っかきな人はわきが体質である傾向が高くなります。
緊張した時や運動した時のような一時的な汗ではなく、いつもべたついた汗脇にかく人は特にわきが臭が強くなります。

 

わきがの臭いの種類

わきがを判断するときにわきがの臭いを知っておくとセルフチェックの際に役立ちます。

 

わきがは一般的には次のような臭いに例えられます。

鉛筆の芯のニオイ、カビ臭い、玉ねぎのニオイ、香辛料のニオイ、クミンやガラムマサラのようなスパイスのニオイ、焼きたてのパンのニオイ、納豆のニオイ、錆びた鉄のニオイ、コンソメのニオイ、雑巾のニオイ、古い洗濯ばさみのニオイ

 

自分の脇の臭いを嗅いだ時に同様のニオイがしたらわきがの可能性がありますが、酸っぱいニオイはわきがではないことが多いです。酸っぱいニオイ、いわゆる汗臭さはわきが臭とは違うニオイになります。

 

あなたのわきがは軽度?中度?それとも…重度?

 

軽度のわきが

1〜2つ当てはまる。一日着た服の脇のところに顔を近づけてニオイを嗅ぐとわきがの臭いがする。

 

中度のわきが

すべての項目に当てはまるわけではなく、3〜4つほど当てはまる。または1〜2個当てはまっていて、わきが臭の程度が強い人の特徴に当てはまっていたり、自分でもニオイが強くて困ってる人は中度のわきがである場合が多くなります。

 

重度のわきが

すべての項目に当てはまる。または3〜4つほど当てはまって、わきがの程度が強い人の特徴が当てはまるという場合は重度のわきがでしょう。

 

自分のわきがの程度に応じた対策は?

 

軽度〜中度のわきが対策

 

わきがは本人の臭いの感じ方が大切になってきます。

 

中度のわきがでも気にならないという人もいれば、わきがの臭いが気になってしょうがないので他の人と一緒にいることが怖くて耐えられないという人もいます。

 

軽度のわきがや中度のわきが対策で大切になってくるのは、日頃の生活習慣の見直しやデオドラントで汗とニオイのケアをして自分からわきが臭がしていないという意識を持てるようになることです

 

上記の診断項目に加えて、綿の服ではわきが臭はしないのに、ポリエステルの服を着るとわきが臭がするようになる人や、普段はニオイがしないけど、緊張した時に汗をかくとわきが臭がするという人も軽度〜中度のわきが体質だと考えられます。

 

そういった人は他人に気付かれるほど臭いがひどくなくなったり、脇をデオドラントシートでふき取ったり汗のケアをこまめにすることで臭いが気にならなくなることが多いと思います。

 

そこまでわきが臭が強くない人であれば、わきがに効き目が高い市販のデオドラント「デオナチュレクリスタルストーン」で十分にケアすることができるでしょう。

 

ただ市販のデオドラントをつけても効き目や持続力が悪くて困っている、もっとニオイが気にならないようにしたいという人はわきが専用のデオドラントを使うといいでしょう。

 

とくに中度のわきが体質の方であれば少し汗をかくだけでニオイが気になってくるので、もし金銭的に余裕があるなら手術を考えてもいいですがわきが用デオドラントでも十分にニオイを抑えることができるでしょう。

 

わきがに効くおすすめのデオドラントはこちら

 

重度の人のわきがの対策

 

重度のわきがはアポクリン汗腺が発達している人なので、軽度や中度のわきが体質の人よりもわきがの原因であるアポクリン汗腺が目視で確認しやすく、手術での除去が簡単かつ確実に行うことができます。

 

最近では体に負担のかかりにくい手術の方法もあるので手術をしてみるのもいいでしょう。しかしまとまったお金がないとか、手術には抵抗がある、手軽になんとかしたいと思っている方も多いと思います。

 

軽度や中度のわきが体質の人の肌には黄色ブドウ球菌が原因となってニオイがしますが、重度のわきが体質の人はジフテロイド菌という菌が強いわきが臭の原因になっています。

 

重度のわきがの方には比較的強い菌の繁殖を防いでくれる殺菌、抗菌作用が強いデオドラントを使うことをおすすめします。重度のわきがの人の中には多汗症を併発していて、汗がひどいという人も多いので消臭、殺菌効果だけではなく制汗効果があることもポイントです。

 

わきがが嫌で嫌でしょうがない人、いろんなデオドラントを試してきたけれど効果がなかった人、デオドラントが気休めにしか感じられないという人は、使っているデオドラントを見直すことで自分で思ったよりも簡単に解決できるかもしれませんよ。

 

わきがに効くおすすめのデオドラントはこちら